越前の旨い魚と最高の越前がにが味わえる店 蟹かに亭

目利きのプロの店主が選んだ冬の味覚の王様「越前かに」
かに料理画像
かに料理画像
かに料理画像
かに料理画像
越前海岸画像
かに料理画像
装飾画像 装飾画像
越前の旨い魚と最高の越前蟹が味わえる店

蟹かに亭は越前漁港からすぐにある老舗料理店です。
越前漁港に揚がる日本海の新鮮な海の幸を、1年を通じてご用意しております。

冬季は店主自らがこだわりを持って選び抜いた厳選した越前がにを仕入れております。
最高の越前かにをお出しできるよう心掛けております。
蟹かに亭自慢の最高のかに料理を存分にお楽しみください。

また当店では活イカをはじめ1年を通して生簀から直接お出しする鮮度抜群の魚介類をご堪能いただけます。
越前町ならではの旬の鮮魚を是非蟹かに亭でお楽しみください。
最高の料理におもてなしの心を添えてお待ちしております。

でも人気投稿多数

インスタグラム投稿画像

ごあいさつ

山田社長画像 山田社長画像

蟹かに亭は、底曳き網漁や定置網漁で越前漁港に揚がる、日本海の旬の魚貝を用いた地魚料理や新鮮な活イカ料理を。
冬の越前カニのシーズンは、店主自らが選び抜いた最高の越前かにをお客様にお出しするよう心掛けている老舗料理店です。

春から秋は、底曳き網漁や定置網漁で水揚げされる美味しい魚貝をお楽しみ下さい。
当店では、より美味しく地のお魚を食していただくために、腕を振るって料理作りに励んでいます。
冬のカニシーズンは、最高の越前かににこだわって美味しいかに料理をお出し致します。

店主 山田 修司

越前蟹料理

11月7日~3月末頃まで

蟹かに亭では、越前かにの醍醐味を充分に楽しめる大きな蟹を使います。

まずお客様ご自身に生け簀の中から黄色のタグの付いた本物の越前ガニをご予算に応じて選んで頂きます。

次にそのカニをどのように食べるかを決めていただきます。
それぞれの蟹は、茹でガニ、焼きガニ、かに刺し、かにしゃぶにお料理出来ます。

ご来店時に、どのように調理するかをお申し付けください。

かに茹で画像
かに焼き画像
かに刺身画像
極蟹画像
極 装飾画像 装飾画像

もはや幻の越前蟹一回の漁で数匹しか獲れない福井の新ブランド『極(きわみ)』

最高級ブランド
装飾画像 KIWAMI

究極の越前蟹 極(きわみ)

時価

(要予約 お電話にてお問い合わせ下さい)

越前かに一匹 1㎏~1.1㎏40,000円(税込)
(二~三人で食べられます) ※足折れは−3,000円引き
越前かに一匹 1.1㎏~1.2㎏45,000円(税込)
(二~三人で食べられます) ※足折れは−3,000円引き
越前かに一匹 1.2㎏~1.3㎏50,000円(税込)
(二~三人で食べられます) ※足折れは−3,000円引き
越前かに一匹 1.3㎏~1.4㎏55,000円(税込)
(二~三人で食べられます)
越前かに一匹 1.4㎏~1.5㎏60,000円(税込)
(二~三人で食べられます)
越前かに一匹 1.5㎏~80,000円(税込)
(二~三人で食べられます)

※ご飯、汁物、漬物セットは+300円にて承ります。
※来店後に調理法方法をお選びください。
※1品料理は店内にてご注文下さい。

装飾画像
蟹かに亭の自慢の味、かにみそ丼

蟹かに亭の名物は何と言っても「かにみそ丼」です。たっぷりのゆでガニと、これまたたっぷりのかにみそを混ぜあわせ、そこに大根おろしとしょうゆをかけて炊き立てのご飯にのせて食べます。

磯の香りと旨味がタップリ詰まったみそ、大根おろし、醤油のコラボがご飯に合います。ごはんはおかわり自由なのでおなか一杯食べてみてくださいね。

かにみそ丼画像 装飾画像
越前蟹料理画像
越前蟹料理画像
越前蟹料理画像
越前蟹料理画像
越前蟹料理画像
越前蟹料理画像

お知らせ

蟹かに亭店主

店舗のご案内

店舗外観画像

蟹かに亭は福井県越前町、越前海岸を走る国道305号線沿いにお店がございます。

お食事は2階のお食事部屋をご利用頂きます。
畳敷きテーブル席が6卓と椅子席のテーブルが2卓ございます。
1階にはグループ様貸切用の畳敷きお部屋 (8名様収容・車椅子対応)も1室ご用意しております。

駐車場は自家用車10台の他、大型バスも駐車出来ます。

店内画像

店舗情報

店舗名越前蟹・活イカ料理 蟹かに亭
所在地〒916-0311 福井県丹生郡越前町梅浦62-27
電話番号0778‐37‐2039
営業時間11:00~17:00
定休日11月~3月の水曜日は極力無休(都度告知) 年末年始はお休み

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちらのメールフォームからお願いいたします。
お急ぎの場合はお電話にてお問い合わせください。
TEL 0778-37-2039



    第一希望
    第二希望
    TOP